とにかく何でも聞くことのできる環境

私は、大学を卒業し新卒採用で入社しました。 会計業界で働くのは始めてで、社会人としての経験がゼロの私は、 会計業務はもちろん、社会人としての基礎もこの会社で一から教わりました。 すでに社会人だった大学の先輩達から、「社会に出て何でも聞けるのは初めだけだから、 とにかくたくさん質問するように」というアドバイスと、 質問をまとめるバインダーを貰いました。そのバインダーは入社して数年経ちますが、 いまだに大活躍しています。その理由は、何でも聞けるのが初めだけではなかったからです。 この事務所はとにかく先輩方が優しく、質問に対して一緒に考えてくれて、 分かるまで丁寧に教えてくれます。同業界にいる友達に聞いても、 いまだに何でも聞ける環境は珍しいと言われます。 新卒で会計業界が初めてだった私にとっては、本当に良い環境です。

毎日が学び

うちの事務所では、毎週2回みんなで勉強会を行います。 税制改正の難しい内容から試算表の見方まで幅広い分野の勉強を行っています。 ただ教わるだけではなく、順番に勉強会担当が回って来るので、時には私が先輩方に教えることも。 自分で調べて納得してから人に伝えることで記憶に残り、 自分のスキルアップに繋がります。覚えた内容が実務で役に立った時はとっても嬉しいです。

お客様との会話が刺激に

会計業務をパソコンに向かってひたすら行うこともあれば、 お客様と直接会って数字の報告をすることもあります。報告の内容は数字の報告が少し、社長の相談が大半ですが、 なにより社長の話が素敵なんです。とにかく、前に向かって突き進む姿にはいつも刺激を貰っています。

勉強時間の確保というのが私の第一条件だったので、 その言葉を聞いて、それまでみていた会社を全てやめました。 そこで再度選び直し、 勉強時間を確保したいという私の考えを受け入れてくださった、 センチュリオン税理士法人で働かせていただくことになりました。

「税務会計」だけでなく、「コンサル」「IT」など幅広く挑戦させてくれます。

自分で調べて納得してから人に伝えることで記憶に残り、 自分のスキルアップに繋がります。

社長に本音で語っていただけた。そこから価値ある提案が生まれます。